自分の信じる道を歩こう

いつからか、人は勝ち組と負け組に分けられることが多くなりました。特に女性の世界では、自分がこのどちらに属するのかは重要な関心事になっています。
もちろん、人生は人それぞれですし、夢や目標も個人個人で違っているものです。ですから、どうなれば勝ち組なのかは人の数だけパターンがあると言えます。
ただ、一般的には、女性はいい結婚をしているかどうかで勝ち負けを判定されることが多いのは事実です。お金持ちの男性と結婚ができた人は勝ち組だと言われることが多くなります。
それとは逆に、たとえ自分のやりたい仕事ができていて、しかも男性に負けないぐらいにバリバリと最前線で活躍していたとしても、いい結婚ができていないなら負け組扱いされることがあるのです。

一般的に言う勝ち負けは収入の話に収束することが多く、いかに自分の人生を生きているかということは度外視される傾向にあります。世間の目を気にしてしまっては、自分の人生を全うすることができなくなります。たとえ人に何と言われようとも、自分の信じた道を歩くことが何よりも重要になるでしょう。
勝ち負けは他人に決められるのではなくて、自分で決めるのだと強く思うことが、結局は満足できる人生に繋がります。
女性の場合、結婚をすれば子どもができる可能性が高いので、それまでのキャリアを棒に振らなければならない可能性もあります。今の時代でもまだ、女性の幸せは結婚をして子供を産むことだと信じている人はたくさんいます。親の世代もそうした考え方が主流なので、結婚の催促をされることが多くなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です