勝ち組かどうかは価値観によって違う

勝ち組と呼ばれる条件は、やはりどれだけ充実した生活を送っているか、という点にあるでしょう。人によって幸福の価値観は異なりますが、毎日が楽しい、充実感を得ているという人は、輝いて見えるものです。最近では、結婚して子どもを持ってもキャリアを諦めることなく、仕事を続ける女性が増加しています。
母として、妻としてだけでなく、一人の女性として社会とつながりを持ち続けることは、人生に生きがいを与えてくれるでしょう。

もちろん、仕事を辞めて家庭に入り育児に専念する、という生き方も素晴らしいものです。専業主婦となり家庭に集中するためには、経済的なゆとりが必要ですし、羨ましいと感じる人も多いのではないでしょうか。
ただ、現代は普通に生活しているだけでも、様々な情報と触れ合うことが多くなっています。家庭だけでは物足りない、そんな気持ちを感じることもあるかもしれません。他の人がうらやむ生活を送っているからといって、必ずしも勝ち組だとはいえないのです。
自分にとってやりがいのある仕事と、大切な家庭を両立していく。そんな生き方こそが、現代ではもっとも高い価値を持つのではないでしょうか。
結婚後も仕事を続けるためには、しっかりとしたキャリアを築いておくことが大切です。経験を得てスキルを磨き、実績を積み上げていくことが勝ち組となるために大切なことだといえます。社会に必要とされる人間であり続けることで、人生の質を大きく向上してくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です